ユニドラはヒトプラセンタジェルが安い

ユニドラは海外から医薬品やサプリを輸入できる個人輸入代行サイトです。
比較的最近できたばかりの個人輸入代行サイトですが、ツイッターによる
キャンペーンなどを実施して今利用者を伸ばしているサイトになります。

そんなユニドラでも人気のキャンペーンがヒトプラセンタジェルの無料
プレゼントキャンペーンです。

ツイッターから応募すると、先着でヒトプラセンタジェルが無料で
貰えるキャンペーンなのですが、このようにユニドラでは定期的に
商品のプレゼントキャンペーンを行っています。

ヒトプラセンタジェルはSNSで話題の美容ジェルです。
本来は傷跡ややけど跡の治療に使われる医薬品なのですが、
洗顔後の肌に塗布するとシミやシワなどの肌トラブルを解決できるので、
アンチエイジングに興味のある意識高い系女子に大人気になっています。

現在はまた違う商品のキャンペーンが行われているユニドラですが、
ヒトプラセンタジェルに関しては通常価格でも個人輸入代行サイトの中では
最安値の価格帯になっているので試してみたい方はユニドラを利用するのが
オススメです。

初めての人は初回クーポンもあるのでかなり安くヒトプラセンタジェルを
ゲットできますよ♪

関連:ユニドラの評判やクーポン情報

メルティーヴィーナスは薬局には売っていない

この時期になると、気になってくるのがムダ毛処理ですよね。
そんなムダ毛処理アイテムの中でも注目なのがメルティーヴィーナスです。
メルティーヴィーナスはムダ毛処理の中では除毛剤に該当するのですが、
薬局など、市販で販売されている除毛剤と違って匂いがキツくなくて、
肌に優しいので使用しても肌が赤くならない、かぶれないのが特徴です。
使い方も簡単で、気になるムダ毛にメルティーヴィーナスを塗って5分から
10分程度放置してから溶けた毛を流すだけなので緊急のムダ毛処理にも向いています。
そんなメルティーヴィーナスですが、薬局など市販では売られていません。
通販限定商品なのでネット通販でしか購入できないのです。
ただ、アマゾンや楽天市場など、大きな通販サイトではメルティーヴィーナスの
転売が多いので普通に購入するよりも高く販売されていることが多いです。
そのあたりのメルティーヴィーナス通販に関しては下記のサイトが詳しいです。

メルティーヴィーナスの口コミ評判と通販最安値比較

購入する販売店によって1本あたり数千円の差が生まれることもあるので、
購入前には必ず目を通しておきたいサイトになります。
永久脱毛とは言えませんが、メルティーヴィーナスには除毛だけでなく
抑毛の成分を入っているので使い続けることでだんだんムダ毛が生えにくく
なる効果も期待できるでしょう。

バイキングの宅配買取りの査定が遅すぎる件

今年の最初に部屋の片づけをするということで、要らない本をネットで
検索したら出てきたBUY王というサイトの宅配買取りに出してみました。
それが1月の終わり頃だったと思います。
その後送った商品が向こうに届いたことを確認するメールが送られてきましたが
そのメールを読むと色々な商品が全国から送られてきているので査定が少し
遅れていて2週間~3週間ほどお時間いただきますみたいな内容でした。
まあ1月とか3月ぐらいまでの引っ越しシーズンだと新生活に向けての
部屋の片付けなんかをする人がたくさんいると思うのでまあ仕方ないか!
ぐらいに思っていたのですが、それから1ヶ月半が経過してもBUY王からは
何の連絡もなく、本当に査定しているのか?心配になってきました。
もちろん、自分から問い合わせをすればいいのだと思いますが、
きっと同じようにBUY王の査定が遅いと思っている人はたくさんいると思います。
そしてきっとスタッフの人も問い合わせの対応に追われていることでしょう。
そんな光景を頭に思い浮かべるとなんか申し訳なくて問い合わせが出来ません(笑)
まあお金が欲しくて買取りに出したわけでもないので部屋がスッキリすれば
ある程度満足だったので引き取ってくれただけでもいいかなと。
ただ査定がいくらになるのか?だけはちょっと気になっていたのでそれは知りたいです。
遅すぎるとも思いますが、せめてもう少し時間がかかりますみたいなメールを
1通でも送っておけば納得する人も少しはいると思いますがどうなんでしょう。

参考:本の出張買取りで即日に引取りに来るサービスは?

リピトールとアトルバスタチンの違いを教えて!

リピトールとアトルバスタチンの違いが知りたい!という方が多いようです。
簡単に両者の違いを説明すると、リピトールは製品名、アトルバスタチンは成分名です。
つまり、リピトールの成分はアトルバスタチンと言えます。

では、なぜ両者に違いがあると思っている人が多いのでしょうか?
それはおそらく医薬品の個人輸入代行サイトでリピトールのジェネリックを
購入しようとすると商品名にアトルバスタチンと出てくるからだと思います。

本来はジェネリック薬にも製品名があります。
例えばリピトールのジェネリックを例に挙げると「アトルリップ」などがあります。
ただ個人輸入代行サイトの中にはジェネリック薬の製品名を記載していないサイトもあります。
製品名を記載しない代わりに商品名に成分名を記載しているわけですね。

つまり、アトルバスタチンと表記することでリピトールジェネリックですよ~と
表示しているわけです。
個人輸入代行サイトで扱われているジェネリック薬は海外の製薬会社のものが多いので
製品名で記載しても知っている人が少ないので代わりに製品名を使っていると思われます。

結論から言えばリピトール5mgもアトルバスタチン5mgも違いはありません。
つまりリピトール=アトルバスタチン錠ということですね。
意外と両者の違いがわからないという方が多いので参考にしてもらえればと思います。

参考⇒リピトールは通販で買える?副作用もあるので気を付けて!